こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。
「太宰府魅力発見塾」のホームページの最初の画像はこの「大宰府政庁跡地」です。
私が一番好きな場所です。
(注)古代の役所や遺跡は「大宰府」、地名や天満宮は「太宰府」と使い分けをしています。

大宰府政庁(都府楼)とは?

都府楼とは

中国式の名称で都督府(官庁)の楼閣(高級な建物)のことです。

太宰府,歴史,

7世紀後半663年の白村江の戦い(日本・百済VS新羅・唐)の後、大和朝廷は博多湾から近い536年設立の那の津の官家(みやけ)を新羅・唐の連合軍から守るために水城に水城堤を造りここ太宰府に移し、奈良・平安時代を通して、九州を治め、我が国の西の守り(防衛)、外国との交渉の窓口となる役所(大宰府)としました。その規模は平城京、平安京に次ぐ大きなものでした。

大宰府政庁跡のパワースポット

史跡大宰府跡の碑

後ろの山は四王寺山

岩屋城は山の右端にあります。

全景

何も建物がないところがいいです。

大宰府政庁跡の広い敷地の中央の奥に歩いて行くと3つの碑があります。

正殿にあたる建物が建っていたところ。

この碑の前が一番のパワースポットだそうです。

風水によると後ろに控える四王寺山や宝満山の気がここで一気に噴き出すところといわれています。

以前若い女性はビリビリ来ますと言っていました。

また鬼門の北東に竈門神社を造って防御しています。

太宰府,太宰府政庁,パワースポット,
前方に基山が遠くに見えます。
敷地内に咲いていた紅梅です。
2019.1.25撮影

小野老の碑

「青丹よし 奈良の都は 咲く花の にほふがごとく 今盛りなり」

この歌は小野老朝臣が神亀五年(728)四月頃、少弐として大宰府に着任したころの歌だということです。

遠く筑紫の国で、しきりに大和への望郷の念をつのらせている一座の者達は、おそらくはこの直前まで、奈良の都にいたであろう小野老に、「今の平城の都の様子はいかに・・・」としきりにたずねたであろうと思われます。その答えがこの歌だそうです。

大宰府学校院跡(政庁跡から少し離れた場所にあります)

太宰府の役人の養成機関。

781年の太政官符に「府学校に六国(筑前煮、筑後、肥前、肥後、豊前、豊後)の学生、医生、算生200余人あり」
とあり太宰府が学問の中心地としても機能していたことを知ることができます。

学校院跡

山上憶良の碑(学校院跡の近くにあります)

[660~733ころ]奈良前期の官人・歌人。大宝2年(702)渡唐し、帰国後、伯耆守 (ほうきのかみ) ・東宮侍講・筑前守を歴任
「うりはめば こどもおもほゆ くりはめば ましてしぬはゆ

いづくより きたりしものそ まなかひに もとなかかりて やすいしなさぬ」

【反歌】
「しろかねも くがねもたまも なにせむに まされるたから こにしかめやも 」

現代語訳

瓜を食べれば(残してきた)子どものことが自然に思われる。粟を食べれば、いっそうしのばれる。

いったい子どもたちはどこから来たものなのだろうか(どのような縁で、私の子どもとしてやってきたのだろうか)。目の前にやたらと(子どもたちの姿が)ちらついて、安眠させてくれないことよ。

【反歌】
銀も金も宝石も、どうしてそれらより優れている子ども(という宝)に宝として及ぶだろうか。いや及ぶまい。

https://dazaifumiryoku.com/private/1257/
大宰府政庁の設立年月日は不明ですけど663年の白村江の戦いの後に創建していますので今から約1350~60年前にここに九州管轄の政庁が建てられまたこの政庁があったからこそ菅原道真公は流されて来て、太宰府天満宮が建てられ、天満宮があったから都から五卿が流されてきて勤王の志士たちの西郷隆盛、坂本竜馬、高杉晋作、僧月照等が集まり明治維新に発展していったことなどのつながりに思いを巡らしながらこの全景をみますと思いは募るばかりです。
ここ大宰府政庁跡は太宰府歴史の本丸中の本丸と思います。
一級品の史跡です。



塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。