こんにちは!太宰府魅力発見塾塾の福田です。

今回は水城跡を案内します。

 

水城跡とは

水城跡,太宰府,

664年。白村江の戦いで敗れた日本は唐と新羅の来襲に備え築かれた太宰府の防衛施設。

その規模は全長1.2kmにわたり、基底部で80m、高さ9mを越える人工の防塁を築き、

その博多湾側に幅60m、深さ4mの堀を作り、水を蓄えたという。

 

今でも残るその長さ、大きさに驚きます!

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。