こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は観世音寺・宝蔵・戒壇院それぞれにアップしていたものをまとめてバージョンアップして一挙公開します。

観世音寺とは

入口の石碑

663年の白村江の戦いから約80年後の746年天智天皇(斉明天皇の息子)が白村江の戦いの総指揮官であった母の菩提寺として創建。

その規模は南大門、中門、五重塔、金堂、講堂、鐘楼、経蔵、僧坊など七堂伽藍を完備した西日本随一の壮大を誇っていました。

80年後とは遅すぎますけどその理由は日本が白村江の戦いに敗れ新羅、唐からの侵攻を防ぐために早急に那の津にあった宮家を太宰府に移設し太宰府政庁を建設し防衛施設の水城堤を造る必要があったために菩提寺の建設が後回しになったからのようです。

なお、当時の観世音寺の規模は今の3倍程あり大宰府政庁と同規模くらいで西日本一の規模といわれていました。

説明板の左側

説明板の右側

観世音寺本堂

観世音寺と書いてあるのでしょうか。

ツアーに参加のみなさんと記念撮影!

太宰府,魅力,発見,

746年天智天皇(斉明天皇の息子)が663年の白村江の戦いの総指揮官であった母の菩提寺として創建。

その規模は南大門、中門、五重塔、金堂、講堂、鐘楼、経蔵、僧坊など七堂伽藍を完備した西日本随一の壮大を誇っていました。

金堂

五重塔心礎

僧房跡

観世音寺の名前の由来は御本尊が聖観世音菩薩立像であることからきています。

宗派は当初律宗でしたけど現在は天台宗です。

観世音寺にある九州最古の梵鐘

国宝の梵鐘

日本の音風景100選に選ばれています。

菅公の詩に「都府楼は纔(わず)かに瓦色を看る 観音寺は唯(ただ)鐘声を聴く」とあるのはこの鐘であります。

「都府楼は纔(わず)かに瓦色を看る」は都府楼(政庁)の瓦を見る。出勤は禁じられていましたので榎社の住まいから政庁の瓦と観世音寺の鐘の音を聞いていたということだろうと思います。

梵鐘,太宰府,最古,

現在残っている創建当時のものは、京都妙心寺の鐘と共に日本最古といわれています。

普段は金網がはっていますが、除夜の鐘の時だけつくことができます。

本堂手前左にある天智院

茶室として用いられています。

茶室に改装するに際して水城木樋の一部を加工して、天井板や衝立として再利用しています。

紅葉のころ!

観世音寺,紅葉,

まだ全部は紅くなっていませんが、

とてもきれいでしたよ!

観世音寺の宝蔵

昭和34年(1959年)多くの仏像を災害から守り完全な形で保管するため、

国・県・財界の有志によって、堅固で正倉院風な周囲の景色に馴染みやすい収蔵庫が建設されました。

746年建立の観世音寺にあった仏像16体を収納しています。

すべて重要文化財でなかには4~5mを超える大きなものも3体あり奈良時代におけるこの観世音寺の隆盛を物語っています。

特に5.03mの馬頭観世音菩薩立像は我が国の馬頭観音の代表作と賞されています。

聖観音坐像や馬頭観音など、大きな仏像が並んでいて圧倒されるほどです。九州の寺としては貴重な仏像がこれだけ集まっているところはないでしょうし、京都や奈良の寺と比べてもかなり見ごたえのあるところでした。

静かな中での鑑賞は心洗われます。

戒壇院とは

奈良時代、出家者が正式の僧尼となるために必要な戒律を授けるために設置された施設で、

筑紫戒壇院(ちくしかいだんいん)」とも呼ばれています。

「肉、葷酒山門に入るを許さず」

くさいにおいのする野菜と、酒は、修行の妨げになるので、寺の中に持ち込んではならないということです。

禅寺の門の前には、戒壇石という石の柱に書かれているようです。

以前は一本の柱だったのが真ん中辺りから折れたようです。

戒壇院本堂

ご本尊の盧舎那仏像、左は弥勒菩薩像、右は文殊菩薩像

開祖は日本の歴史では知らない人がいないかの有名な僧侶 鑑真和上です。

鑑真和上は奈良時代、唐から日本に帰化した高僧で、日本における律宗の開祖です。

時の天皇である聖武天皇の勅願によって観世音寺の境内に今の戒壇院が建てられました。

奈良の東大寺が中央、栃木の下野薬師寺が東、そして太宰府の観世音寺が西で僧侶を養成するための拠点でした。

境内にある地蔵菩薩像

戒壇院の菩提樹

鑑真和上が唐から仏舎利(お釈迦様の骨)と一緒に持ち帰ったと言われています。

6月頃が見頃で菩提樹の花が咲くとなんとも良い香りがします。

実はお数珠になります。

戒壇院で座禅会・写経会

戒壇院では座禅会・写経会が開催されています。

戒壇院,

座禅会

毎月第1・3・5日曜の午前8時~9時半まで

2018年4月から第2・4木曜の朝9時からも開催されるようになりました。

写経会

毎月第2・4日曜日午前8時~9時半まで

史跡は歴史の背景が思い浮かんできますので何度言っても思い入れが深まるばかりです。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。