こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府天満宮の鷽について紹介します。

鷽像

太宰府天満宮楼門手前の麒麟の像の横にあります。

太宰府天満宮で正月七日に行われる鷽替神事の伝承では、当地にて菅原道真公が蜂に襲われた時に、鷽の大群が飛んできて助けたといわれています。

元来は太宰府天満宮で古来から行われてきた正月七日夜に鬼すべとともに吉兆を招く神事でした。木彫りの鷽の木像である木ウソを「替えましょ、替えましょ」の掛け声とともに交換しあいます。

鷽(ウソ)が嘘(うそ)に通じることから、前年にあった災厄・凶事などを嘘とし、本年は吉となることを祈念して行われます。

麒麟像

https://dazaifumiryoku.com/private/735/

鳥の鷽

小野東風軒で写真を撮影させていただきました。可愛いですね!

鷽は体は雀よりやや大きく 、名前の由来は口笛を意味する古語「うそ」から来ており、ヒーホーと口笛のような鳴き声を発することから名付けられました 。

日本では、標鳥または冬鳥として全国に広く分布します。本州中部以北の亜高山帯などで繁殖し、冬は九州以北の低地に移動して越冬します。

木ウソ

鷽が木にとまっている形をあらわしています。

小野東風軒にて

道真公を蜂から守ったことから怖い顔をしてるのかもしれませんね。

小野東風軒


https://dazaifumiryoku.com/private/723/

うその餅

旧土佐藩定宿 御菓子処梅園

紙に包まれた土製のウソが入っています。

味はシソ味で中には餅が入っています。

御菓子処梅園

https://dazaifumiryoku.com/private/841/

麒麟の像の横に鷽の像はありますけど鳥の鷽を始め詳しいことは知りませんでしたので折角の機会だと思い関連商品も含め少し調べてやっとわかりました。

調べてわかってくることはとても楽しいことですね!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。