こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日太宰府の宝満山 山頂めざす無数の子ガエルの行進を見に行きました。

宝満山のヒキガエル

・2020.10.14太宰府市民遺産に第16号認定

・市民遺産育成団体:宝満山ヒキガエルを守る会(道中の標識を作成)

・ヒキガエルの寿命は長くて10年ほど

観察記録

宝満山は標高829m

2018年5.13出発~6.27山頂

2019年5.19出発~確認できず

2020年5.14出発~6.30山頂

2021年5.12出発~今年はいつになるでしょうか。

 

6.7付 佐賀新聞(提供ミッチーさん)

 

ヒキガエルの登山行程図

二つの赤マーカーが上と下の野々道池

ここでふ化し、宝満山山頂目指して登頂

 

幟 PROTECT TORD(カエルを守ろう)(山麓の渡辺利久男氏邸)

 

宝満山登山口

 

宝満山登山口の汐井川(修験者がみそぎを行ったところ)

 

2021.1.23 カエルのお願い

「私ども親ガエルはこの時期、産卵のため池へ下ります。林道での運転にご注意ください」

 

宝満山中に生息するヒキガエルは2月頃、野々道池に降りて産卵を行い、10万個以上ともいわれる数の卵を産みます。卵は数週間でふ化し、池は無数のオタマジャクシで溢れます。3月にふ化したオタマジャクシは池で成長し、2~3か月で子ガエルへと変態します。約1~10万の変態した子ガエルたちは池から上陸し、続々と最大標高差600m(標高829m)、道程約2.5kmの山頂目指して約1か月かけて登頂します。

 

野々道池

上と下の二つの池で産卵します。

 

今年は5.12にふ化し上陸す

「子ガエルが上と下のため池から上陸して、宝満山の頂を目指して登山道を登っています」

 

子ガエルが巣立った池にはイトトンボのカップルがいました。(写真提供Storchさん)

 

 

以下6枚の写真は渡辺利久男氏提供

野々道池の右の黒い帯状はオタマジャクシ、左の土の上の黒い斑点はふ化した子ガエル。

 

拡大すると黒い斑点が子ガエル

 

登山中の子ガエル

 

深さ30cmほどの側溝に落ちた1cmほどの子ガエルが助けに入れてもらった板をよじ登っている。

 

こんにちは!かたつむりさん

 

ヒキガエルの仲良し夫婦

 

登山者の皆様へ

「上と下のため池から上陸して、今年も登ります。皆様に見守っていただけると安心です。よろしくお願いします。子ガエル一同」

 

 

 

 

道中には多くの困難が待ち受けています。

山中の車道を通るクルマに多くのカエルが轢かれ、側溝に一度落ちたら這い上がるのは大変で、またアリに襲われ、天敵のヘビ(ヤマカガシ)の襲来。

これらの困難を乗り越え山頂にたどり着くのは数百匹程度だといわれています。

 

ここまで到達 5.17、 9:57

「ヒキガエルの子ガエルが上と下の池から上陸して、宝満山の頂を目指して登山道を登っています」

 

 

登山道

 

一の鳥居

 

6合目 子ガエル到達6.7 、16:00

「ヒキガエルの子ガエルが5月9日から13日に麓のため池から宝満山の頂を目指して登山道を登っています」

 

登山道

右の男性は11:30頃で既に今日3回目の登山で、左の女性も2回目か3回目。

 

 

「わずか1cmくらいの小さな子ガエルの大群が登山道を登っています。足元に子ガエルがいたら踏みつけないように、ご注意くださるようお願いいたします。1ケ月かけて山頂まで登ります」

 

子ガエルの周りをアリがチョロチョロしているので子ガエルの大きさが1cmくらいとわかると思います。↓

 

子ガエルは登頂後、山中に入り大人になるまで暮らし、産卵時期になると池にもどってきます。

 

なぜカエルが登山するのか

「こういうケースは他で聞いたことがない。詳しい理由はわかりませんが、登山者の靴底に付いたカエルの匂いが『匂いの道』となってカエルの道標になっているのではないでしょうか」佐賀大 田中明名誉教授

私の珍説は霊山宝満山は昔から信仰の山といわれ、山頂には宝満宮があるので生まれたお礼と家内安全、子孫繁栄の願いを込めてお参りに行くものと思います。

 

霊山宝満山は信仰の山はこちら↓

 

6.8 わたしたちが登った時、子ガエルは6合目あたりを登っているようでしたけど晴天続きだったからか会うことはできなかったので、雨上がりの6.12に再度行き会うことができました。

今回登ってみて子ガエルのことを初めて知り、登山者はもちろん太宰府市民もみんなで子ガエルを見守り、保護活動の必要性を痛感しました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。