こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今日は筑前国分寺を紹介します。

741年聖武天皇は当時天然痘や内乱などの社会不安が続いたため国を護るため国内各地に国分寺と国分尼寺を建てました。
福岡県内には当寺と筑後国分寺、豊前国分寺があります。

 

 
 
 
 
写真の国分寺は当時の国分寺の後継寺です。
 
 
 
七重塔はどこからでお参りが出来るように54mの高さがあります。



塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。