こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

筑前国分寺に紅葉を見に行きました。

筑前国分寺

 

楷の木(学問の木)

別名ナンバンハゼ

科挙の進士に合格したものに楷の笏(しゃく)を送ったことから、学問の聖木とされる。(しゃく)とは、中国において束帯の着用の際、右手に持つ細長い板である。

また孔子廟に植えられたことから学問の木といわれています。

 

 

 

国分寺の七重の塔(ミニチュア)

文化ふれあい館の敷地内

 

 

国分天満宮

 

若宮神社の杜

 

 

国分寺には3本の楷の木があり、この楷の木が見ごろで余りのキレイさにしばし見とれました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。