こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

2021.11.17日本経済大学のイングリッシュガーデンにバラを見に行きました。

日本経済大学

 

イングリッシュガーデン

日英交流記念

 

1996年イギリスの庭師により造園された英国式庭園。

 

 

2018年7月、水害の被害によりしばらく閉園しておりましたが、2021年6月リニューアルオープンしています。

 

 

 

庭園はたくさんの緑、それを彩る花々、白鳥が泳ぐ湖。開園以来多くの来園

者が訪れています。

 

 

 

春と秋には約10万本のバラが見事に咲き誇ります。

 

 

 

 

 

 

 

CAFETERIA

ここでランチして

 

英国風カフェテリアRose

ここでコーヒーを飲みました。

 

開園時間

平日・土日祝 9:00-17:00
(年末年始・お盆は休園)

 

庭師さんの話しによると秋のバラは春に比べ小ぶりだそうで、バラの色素は春も秋も同じ数あるので小ぶりは色が濃く鮮やかだそうです。

花は剪定をして出てきた新芽につくそうで、開花時期は剪定時期(剪定したら何日後に咲くかは予想できるので)によって調整できるそうです。

毎年大学の秋は創設記念日や文化祭時の父兄や一般客の目を楽しませるようにその時期に合わせて剪定をするそうです。

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。