こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

日本経済大学のイングリッシュガーデンにバラを見に行きました。

庭園はたくさんの緑、それを彩る花々、白鳥が泳ぐ湖。開園以来多くの来園者が訪れています。

日本経済大学

住所:福岡県太宰府市五条3-11-25

 

「日本経済大学」は、福岡県太宰府市に1968年「第一経済大学」として開学しました。

CHAGE&ASKAやチェッカーズのメンバーも在籍していた伝統校で、国語以外の授業はすべて英語で行われるリンデンホールスクール小中高学部などを併設。

 

留学生や帰国子女の学生を多く受け入れているキャンパスは、国際色豊かです。

最近ではロシアのウクライナ侵攻によりウクライナの大学から避難民学生65人を受け入れています。

イングリッシュ・ガーデン

イングリッシュ・ガーデンは、英国の名門オックスフォード大学・ケンブリッジ大学との友好を記念して、1998年福岡キャンパス内にイギリスの庭師により造園された英国式庭園。

 

 

豊かな自然の風景を楽しめる場所として一般開放されており、ガーデナーや写真愛好家の方々が遠くからも訪れます。

 

 

イングリッシュガーデン春のバラ

色とりどりのバラを楽しむことができます。

 

 

 

 

 

 

イングリッシュガーデン秋のバラ

 

 

春と秋には約10万本のバラが見事に咲き誇ります。

 

 

 

 

 

 

 

イングリッシュガーデンの白鳥

 

 

白鳥のヒナはこちらをご覧ください。↓

 

イングリッシュガーデン近くのCAFETERIA

ここでランチをしました。

 

イングリッシュガーデン英国風カフェテリアRose

ここでコーヒーを飲みました。

 

イングリッシュ・ガーデン開園時間

平日・土日祝 9:00-17:00
(年末年始・お盆は休園)

 

庭師さんの話しによると秋のバラは春に比べ小ぶりだそうで、バラの色素は春も秋も同じ数あるので小ぶりは色が濃く鮮やかだそうです。

花は剪定をして出てきた新芽につくそうで、開花時期は剪定時期(剪定したら何日後に咲くかは予想できるので)によって調整できるそうです。

毎年大学の秋は創設記念日や文化祭時の父兄や一般客の目を楽しませるようにその時期に合わせて剪定をするそうです。

 

日本経済大学の学生について。

食堂で学生についてお尋ねしました。

①外国人の割合は7~8割だそうで

②出身地は今までは韓国、中国、台湾が多かったけど最近はネパール、ベトナム、中国が多いそうです。

③外国人のランチの好みはチキンカツ、チキン南蛮などチキンが多く豚肉はあまり注文がないそうです。

④外国の学生は日本の授業料を払い家賃も払うわけですのである程度裕福な家庭だろうとのことでした。

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。