こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日太宰府天満宮の朝拝に行き【くすかき】を見てきました。

太宰府天満宮の朝拝

 

 

 

 

くすかき

「くすかき」は、この地で千年続く樟の落ち葉を“掻く”という毎日の行為を通して、人々が出会い、語らう場をつくり、会期最終日「くすのかきあげ」に集まった掻き手によって、かつて存在した千年樟の姿を“描き”出そうという試みです」

説明板

上段

くすかき

「新芽に押されて落ちてくる新芽の数だけ落ちてくる

千年樟のその場所で 千年分を掻いてみる

千年樟のその場所で 千年分を描いてみる

去年が今年に生まれ変わる その瞬間に落ちてくる

新芽に押されて朝が来る 新芽の数だけ朝が来る」五十嵐靖晃

 

下段

参加者受付中(参加無料)

令和2年3月28日(土)~4月18日(土)

早朝6:30~ (土日のみ16時~も開催)(月曜休み)

 

 

 

 

 

    (以上くすかき終了後)

PS

以下啓子さんから3枚の記事が送ってきました。

 

「太宰府自慢第4号。くすかきの記事がありました」。

 

 

裏表紙に白馬「白梅号」の姿ありました。細い足!!です。

 

 

掃き清められた境内はとても清々しく新しい一日の始まりです。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。