こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

 

太宰府天満宮の名物といえば「梅が枝餅」です。

先日も新聞に梅が枝餅の記事が掲載されていました。

 

梅が枝餅の由来

榎社に蟄居させられていた菅原道真公のお世話をしていた浄妙尼は道真公の苦境を見かね梅の枝に餅を挟んで格子越しに差し入れをしたと伝えられています。

この故事にならい太宰府天満宮参道の梅が枝餅がつくられるようになったといわれています。

 

よもぎの梅ヶ枝餅(うぐいす餅)

 

 

菅原道真の誕生日が6月25日、命日が2月25日だったことから毎月25日を「天神さまの日」としよもぎを使った緑の梅ヶ枝餅を販売しています。

太宰府に住んでいる人でも知らない人がけっこういます。

紫の梅ヶ枝餅

 

 

九州国立博物館開業10周年を記念して古代米(黒米)を使った梅ヶ枝餅。もちもち感があって香ばしい風味。

2015年10月17日から毎月17日に販売しています

 

 

どちらも値段は通常と同じ120円で食べるとお得感があり得した気持ちになります。

午前中には売り切れることもあるそうですので早めに行けるといいですね。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。