こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日福岡市博物館に「古代エジプト展」を見に行き、帰りに「サザエさん通り」を通りながら長谷川町子の略歴やサザエさん制作の原点をたどってきました。

古代エジプト展

2022.3.12(土)~6.19(日)

開館時間:9:30~17:00

休刊日:月曜日

場所:福岡市博物館

福岡市早良区百道浜3‐1‐1

 

福岡市博物館

 

アメンヘテブの内棺

BC1400~1300年頃

 

ホルの外棺

BC722〜655年頃

 

ハレレムのミイラ

BC722~525年頃

 

本展では古代エジプト人の生活や社会、死生観またミイラ作りの過程やミイラを最新のCTスキャンで調査を行なった成果も紹介されています。

 

サザエさん通り

福岡県福岡市早良区 サザエさん通りの地図

 

長谷川町子の略年表

1920年(0才)佐賀県小城郡東多久村に生まれる(1月30日)

1922年( 2才)一家は福岡市住吉に転居

 ~この間 福岡市住吉に住んでいました。

1932年(12才)福岡県立福岡高等女学校(現福岡中央高校)入学

1934年(14才)一家で上京、「のらくろ」で有名な漫画家・田河水泡に入門

1935年(15才)漫画家としてデビュー「少女倶楽部10月号」

1944年(24才)一家で福岡市西新に疎開、西日本新聞社に入社

 ~この間 福岡市西新に住んでいました。

1946年(26才)西日本新聞系列の「夕刊フクニチ」で「サザエさん」連載開始。一家で再上京、姉妹社を設立(代表は長谷川町子本人、営業担当は姉の長谷川毬子、経理は末妹の長谷川洋子)

1947年(27才)単行本「サザエさん」刊行

1956年(36才)東宝が映画「サザエさん」制作(主演:江利チエミ)

1965年(45才)TBSでテレビドラマ「サザエさん」放送開始(主演:江利チエミ)

1969年(49才)フジテレビでアニメ「サザエさん」放送開始。開始から53年たつ現在も放映を続けている。

1979年(59才)NHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」放送開始

1985年(65才)長谷川町子美術館開館

1992年(72才)心不全のため死去(5月27日)

漫画家として初の国民栄誉賞、その他紫綬褒章、勲四等宝冠章など受賞

 

 

 

サザエさん発案の地

百道の海岸

当時は「よかトピア通り」が海岸線でした。

 

磯野家、フグ田家の家族構成

(ネットより)

 

サザエさんのうちあけ話

「昭和21(1946)年 西日本新聞社から夕刊フクニチが発行され、れんさいマンガをたのまれました。地方紙の気がるさから、あっさり引きうけ、主人公はおてんば娘とすぐ決めましたが、家族構成にまよっていました」

「妹はじゅんちょうに、カイフクしてももちの海岸をさんぽするまでになりました。私は毎日一しょについて歩き、そんなわけで登場人物がみんな海産ぶつになったわけです」。

 

ベンチの下には猫のタマちゃん

 

 

「古代エジプト展」でミイラの作り方、「サザエさん通り」を通りながら長谷川町子の略歴を知ることにより「サザエさん」の原点がわかり有意義な一日になりました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。