こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「竈門神社」についてご案内します。

宝満山の麓に鎮座する恋愛成就の神社でもあります。

竈門神社までのみちのり

まず駐車場から階段がありその先に鳥居が見えます。

鳥居をくぐると立て看板。

竈門山寺跡

背後の草地の中に大きな石が整然と並べられている。

これは建物の礎石で、時代は平安時代末期とされる。

またここからは奈良時代の瓦も見つかり、仏教大師最澄が唐へ留学する前に立ち寄り、公開の安全を祈って薬師仏を造ったという竈門山寺の跡ではないかといわれている。

古代から中世にかけて竈門山寺一大山寺と続く宝満山麓寺の一部だろう。

そして階段は続きます。

さらに階段をのぼっていくと、昔からいるのですが鹿がいます。

草を食べていました。

階段を上りきったら目の前に本殿が鎮座されています。

美しい姿に目を奪われます。

竈門神社とは

 

創建673年

主祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと 日本初代神武天皇の母)をお祀りしていることから、魂(玉)と魂を引き寄せる・引き合わせる(依)というご神徳を慕われ古くから「縁結びの神」として広く信仰されてきました。後に神功皇后、応神天皇も合祀。

(参考:宇美八幡宮の名前の由来は神功皇后が三韓征伐の帰途、応神天皇を無事に産み(宇美)おとしたことから地元では安産の神様としてお祀りされている。主祭神は応神天皇、神功皇后、玉依姫命)

天智天皇の御代、九州一円を統治する太宰府政庁が置かれた際、政庁の鬼門にあたる北東に竃門神社を創建し太宰府また国家鎮護のための祭祀がはじまりました。

(鬼門とは中国から来た陰陽道で北東は鬼が出入りする方角で万事忌みべき方角となっている)

最澄や空海をはじめ、遣隋使や遣唐使など大陸を渡る人々が航海の安全と、目標達成のために登拝し、祈りを捧げた山として大切に守られてきました。

竈門神社の参拝方法

特別なことはないのですが、まずは手水舎で手を洗います。

ここで体の外側を清めます。

そして本殿に向かっていくと「水鏡」があります。

この水鏡で自分の姿を映して、自分の内面を清めます。

そして、本殿にお参りましす。

竈門神社の社務所

とてもスタイリッシュで神社の社務所っぽくないですよね。

「100年愛される建物」をコンセプトに計画されたそうです。

建築は、日本各地の神社建築を数多く手がけることでも知られる、神社建築のエキスパートの種村強氏が担当。

その建物の一角に設けられたお札および御守り授与所のインテリアデザインを、世界的なインテリアデザイナーであり武蔵野美術大学 教授も勤めるWonderwall 片山正通氏が、社務所の展望テラスにおかれるベンチとチェアのデザインを、世界的なプロダクトデザイナーであるジャスパー・モリソン氏が手がけました。

こちらが展望テラスです。

「えんむすび」幸福の木があります。

私も座ってみましたが、思ったより標高が高く、太宰府を一望できます。

それでは本殿に戻りますが、本殿の周りにはいろんなものがあります。

再会(さいかち)の木

神功皇后は宝満山山頂にサイカチの木を植えられ親しい人々との再会を祈念されたと伝えられる。

その木に向かって好きな人との再会や良縁、まだ見ぬ人との出逢いを祈ればきっと願いが叶うと信じられています。

愛敬の岩

目を閉じて歩き無事向こう側の石にたどりつくこが出来れば恋が叶うと云われています。

一度で出来れば早く願いが叶い他の人からの助言によりたどりついた人は周りの人の助けにより願いが叶うと言い伝えられています。

ぜひ、試してみてください!

招霊(おがたま)の木

招霊(おがたま)の木

神代の昔、天の岩戸の前で天宇受売命は招霊の枝をお持ちになり神楽舞を奏して天照大神を岩戸よりお出ましいただき再び明るい平和な時代が参りました。

招霊とは神様を招くという意で、当社では良縁・幸福を招く霊験の木と崇められています。

 

竈門神社本殿左横の杖道発祥之地碑

夢想権之助神社

無想権之助が槍、薙刀、太刀を総合して長さ128㌢、直径2.4㌢の丸木を使って竃門神社に祈願し神道無想流杖術を創始しました。

黒田藩の指南役も務め現在警察では相手を殺さない杖術の特徴を犯人逮捕術に取り入れています。

宮本武蔵に勝った唯一の人といわれています。

 

まとめ

みどころたっぷりの竈門神社。一度参られてみてください。

太宰府天満宮からはバスも出ていますので、車のない方は利用してみてください。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。