こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「伊藤伝右衛門の寄進した鳥居」について

案内します。

 

 

伊藤伝右衛門とは

貧しい岡っ引きの父、伝六の長男として生まれた伝右衛門は、

呉服屋の丁稚奉公に出ますが、やがて父の始めた魚問屋などを手伝うようになります。

 

やがて父の開いた炭鉱で過酷な労働に従事して炭鉱経営を成功させます。

日清・日露戦争の追い風を受け、伝衛門は一代で「炭鉱王」となりました。

 

NHK朝ドラ「花子とアン」の嘉納専助のモデルとしても有名になりましたね。

伊藤伝右衛門が寄進した鳥居

 

伊藤伝衛門,太宰府天満宮,

 

この大鳥居は太宰府天満宮の参道にあります。

天満宮に向かって右側の足に掘ってあります。

鳥居をよく見ますと継ぎ目が一ヶ所もありませんし大きさも群を抜いています。

他のと見比べてください。

余程高価だっただろうと云われています。

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。