こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「相輪樘」を案内します。

 

 

相輪樘とは塔婆を簡略化したもので、この相輪橖は、享和2(1802)年、菅公900年忌にあたり、

博多の商人らによって発願奉納されたものです。

 

相輪というのは五重の塔のてっぺんについてるものだそうです。

 

鋳造は博多鋳物師の山鹿氏によるもの。

中央柱は高さ6メートル、脇柱は高さ2.4メートルです。

 

太宰府天満宮が昔「安楽寺天満宮」と言われていた

神仏混交時代の名残の塔です。

市指定の有形文化財です。

指定年月日/平成24年5月25日指定。

 

所在/宰府四丁目7-1 太宰府天満宮




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。