こんにちは!大宰府魅力発見塾塾長の福田です。

 

10月14日日曜に大宰府魅力発見塾のカメラ部で福岡県遠賀郡芦屋に航空祭の撮影に行って来ました。

私は昨年に続き二回目でしたけど今回はさらに細かなとこまで見る余裕があり感動しました。

以下Storchさん撮影の200~300枚の中からの選りすぐりの写真をご覧ください。

少しは実際の感動をお届け出来ると思います。

 

1:オープニングはブルーインパルスのダイヤモンド型編隊飛行です。

  (ブルーインパルスの価格は25億円)

 

2:見事な背面飛行

 

3:恐怖?のすれ違い

  二機が背面飛行ですれ違っています

 

4:急降下から散開飛行

 

5:大空に巨大なスターが(青空だと最高ですが・・・)

 

6:ブルーインパルスの特技、コークスクリュー 

 

7:全周魚眼レンズで見上げてみました

 

8:大空でブルーインパルスが乱舞?(もちろん合成です)

 

9:ブルーインパルスを間近で見てみたい

 

10:ブルーインパルスのマスコットを入れて、インスタ映えねらいか?

 

11:ベイパーを曳きながらF2の演技

   (F2の価格は120億円)

 

12:T4レッドドルフィンの見事な編隊飛行

 

13:パラシュートで救難降下、見事に目標点に着地

 

14:宮崎の新田原基地から来たF15のさよなら~!に感涙の塾長

   新田原まで220Kmを10分で帰るそうです。 

   (F15の価格120億円)

 

15:T4の演技に、手を振って「ありがとう1!」

 

16:巨大なバルーンも見れました

 

17:対空ミサイルホークに狙われ塾長も降参!

 

18:カラフルな展示機を取材中

 

19:規律正しいドリル演奏、まん中辺りに紅一点も・・・

 

20:芦屋基地の管制塔

 

21:ブルーインパルスを撮りたいカメラの放列

 

22:晴天に恵まれ、3.7万人の観客が来場

 

23:子どもは、ブルーインパルスの模型に夢中!

 

24:大人は、読書に夢中!

 

最後に

今回、特に感動しましたのは編隊飛行時の機同士の最短間隔は3mということ、また背面飛行と錐もみ飛行(どこ飛んでるのかわからなくなるような気がしました)。

ここまで訓練して日本の空を守ってくれる自衛隊の皆さんに敬意を表しながら基地を後にしました。

来年は広く募って特に子供さんにも是非見てほしいと思いました。

 

Storchさん今日は引率に解説、素晴らしい写真をまたお昼のおにぎり・飲み物まで準備いただき本当にありがとうございました。

みなさまお疲れさまでした!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。