こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日福岡県朝倉市の大平山に登ってきました。

大平山

登山口の甘木公園は朝倉市役所のすぐ北側にあり、駐車場も充分なスペースがあります。

丸山池の南東角に「大平山2.5km」の 標識があります。

 

 

大平山の位置

 

 

大平山登山口

 

 

 

山頂まで1000m

 

なだらかなハイキングコース

 

山頂まで500m

 

 

山頂まで15分

 

あと160m

 

天空の花園

 

頂上(315m)鯉のぼりが泳いでいました。

 

 

頂上の展望台

 

 

南:筑後川~浮羽~吉井~田主丸遠くに未納連山

 

眼下には朝倉市街

 

西:背振連山

 

 

北:秋月方面

 

大平山~安見ケ城(尾根を東へ約800mのところ)

「安見ケ城」は休松城とも言われ、大平山頂上(315m)から東へ約800mの尾根上に造られた中世秋月氏の山城(299m)

 

大平山の山頂からは周囲に山脈が眺められ、北東方向には手前から目配山、砥上岳、三郡山と続き、西には背振山系。南には眼下に市街地が、遠くには耳納連山が眺められます。

林道のような登山道が山頂まで続き急な登りはほとんどなく往復2時間半位のハイキングコースのような登りやすい山でした。

9:30頃から登り始め13:00過ぎには下りて来たので、帰りに秋月に行き秋月黒田家の菩提寺古心寺、腹切り岩、鳴門観音、キリシタン橋、大凉院、日本最後の仇討ちの舞台となった臼井亘理の屋敷跡・墓所などの史跡巡りをしてきました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。