こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府天満宮のすぐ近くにある「隠れた名所」

光明寺を案内します。

光明禅寺

太宰府天満宮のすぐ近くに光明寺があります。

別名「苔寺」と呼ばれており九州では珍しい枯山水が見事なお寺です。

 

昔は人が少なく、渡り廊下に座ってお庭をボーっと眺めることもできましたが、

最近は観光客が多いので、あまりゆっくりできないかも知れません・・・

 

一時期は外国人観光客でごった返していましたが、光明寺側が建物の劣化を危惧して、

最近では、午後からしか入ることができなくなりました。

 

午前中は入ることができませんので、お気をつけください。

 

光明寺の前庭の光の石

太宰府,光明寺,光,

 

15個の石で「光」と書いてある石庭。

言われないと気付かないかも知れませんね・・・

光明寺の新緑

 

 

秋の紅葉もキレイですが、私は新緑の時期が好きです。

緑の光輝くお庭はとても美しいです。

 

光明寺の紅葉

太宰府,魅力,光明寺,

夏は新緑が美しいですが、秋の紅葉も美しいです。

 

あなたはどちらが好きですか?

ぜひ、夏と秋と両方行ってみてください。

 

 

光明寺は以前は茶室も入れたのですが、途中から入れなくなりました。

最近では午前は入れず午後からしかお庭を見ることができません。

 

光明寺は観光客よりも信徒さんを大事にされている硬派なお寺です。

少しずつ見るところが制限されていますから、行ける時に行ったほうがいいと思います。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。