こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

太宰府御笠川にカルガモの親子がいました。①~③

 

カルガモの親子

①4.27 8羽いました。

水草の周りから離れません。カラスがいるのでお母さんは警戒しているのでしょうね。

 

 

お父さんでしょうか。周りで見守っているようです。

 

その後動画を撮ろうと思い4~5日続けて行きましたけど会えずじまい。

日中より午前中か午後も4時過ぎ頃がいいですよとのことでその時間に行きましたけど会えませんでした。

 

②5.17 遂に動画撮影に成功!  

通りかかったら4~5人の人が集まっていましたので行ってみたらいました!

上の写真から20日後ヒナは8羽から3羽になっていました。

生存は厳しいですね。

既に子供の教育が始まっています。

 

お母さんが上から呼ぶけど右往左往するだけでまだチョイとこわい!

今日の訓練はここまで!この後お母さんは降りてきて子どもたちと食事。

 

食事中でもお母さんは警戒を怠りません。

 

食事中でもお母さんは警戒中!

 

 

 

 

滝の内側で一休み

ここなら安全!

 

自然界の摂理とはいえ8羽が3羽になっている現実を見ると胸が詰まります。

まだ羽根も生え揃っていないこのころから独り立ちの教育を始めているお母さんに頭が下がり、人間の親はどうだろうかと思ったことでした。

動物には引きこもりはいませんね。引きこもったらそれが寿命ですから。

この三羽元気に育ち上ってほしいと思います!親子がんばれ!

 

③6.7 ②から21日後、その後の成長の様子を見に行きました。

3羽いました!すっかり大きくなり、羽根の色はお母さんとほとんど同じになっていました。

しかしお母さんはまだまだ警戒を怠りません。

 

 

いつも気にかけています。

 

もうお母さんをリードしているようです。

 

 

 

 

ここまで育てばもう大丈夫ですね。見た目はお母さんとほとんど変わらず、あとはオスはオスらしい色に変わっていくのでしょうか。

ここまでお母さんは一人で育て上げ本当にお疲れさまでした。

カルガモ親子ありがとう!これからも全員元気に育ってね!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。