こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「榎社」について案内します。

榎社は太宰府天満宮から2~3Km離れ、西鉄二日市駅の北へ100mほどの線路沿いにあります。

 

榎社とは

菅原道真公が、901年に大宰府に左遷されてから、903年に逝去されるまで謫居された跡で、当時、府の南館であったと云われています。1023年に菅公の霊を弔うために浄妙院を建立したのが始まりで、境内に榎の大樹があったので「榎寺」と呼ばれるようになりました。

毎年9月太宰府天満宮の神幸祭(通称「どんかん祭り」)では、菅公の御神霊はここに神幸され、一夜過ごされて翌日天満宮本殿に遷御されます。

ここに左遷された2年後の903年に逝去されその亡骸を牛車に乗せて引かせ立ち止まり動かなくなったところがここから2~3Km離れた今の大宰府天満宮でそこが道真公のお墓になっています。

左遷の日
901(延喜元)年、右大臣・菅原道真が醍醐天皇によって九州の大宰府に左遷されました。彼の才能を妬む左大臣・藤原時平の策略により、醍醐天皇は道真のことを逆臣と思いこむようになり、901年1月25日に菅原道真を大宰権帥に左遷しました。その日を左遷の日としてます。

菅公館跡の石碑

鳥居

 

榎社の説明

「菅原道真公は、大宰府に左遷されてから逝去されるまでこの地で謫居された。毎年九月、菅公の御神霊はここに神幸され、一夜を過ごされて翌日天満宮本殿に還御される。榎社は、菅公を日夜お世話された浄妙尼を祀る社である」。

 

 

浄妙院とは

道真公のお世話をしていた浄妙尼を祀る神社です。

苦境を見かねた浄妙尼は道真公に梅の枝に餅を挟んで格子越しに差し入れをしたと伝えられています。

この故事にならい太宰府天満宮参道の梅が枝餅がつくられるようになったといわれています。

 

榎社,太宰府,

よもぎ餅(うぐいす餅)

菅原道真公の生まれは845.6.25、逝去は903.2.25(58才)。太宰府天満宮参道では毎月25日を天神様の日として梅が枝餅をよもぎ餅に替え焼いています。

神輿を休ませる台座

 

御神牛奉納の石碑

 

浄妙尼を祀る奥の小社

浄妙院,太宰府,

 

 

神幸祭で神輿が太宰府天満宮から下って来たとき一夜安置される台座です。

 

紅姫の社(菅公の娘さん)

今から千百有余年の昔、遠く都から太宰府の地へやってきた1人の少女がいた。母親を亡くしたばかりの幼い弟”隈麿”の手を引き、懸命に父”道真”の後を追う姉、名を”紅姫”という。なに一つ不自由のない都での暮らしから一転して、太宰府での生活は困窮を極めた。辛い日々の中で紅姫は何を見、何を考えたのか。

「姉たちは家に留め置かれ、兄たちは遠方へと追いやられた。幼い姉弟だけが常に一緒にいて、いつでも語りあうことができる。食事の時はいつも目の前にいて、夜は同じ部屋で寝る。暗くなれば灯りがあり、寒い時は暖かい着物がある」
時の左大臣、藤原時平の讒言によって貶められ、何もかも奪われた父道真にとって、明るさを忘れない子供達の姿が唯一の支えだった。しかし、弟の隈麿は翌年902年に病で命を落とし、さらにその翌年903年には、持病を抱えていた道真自らも後を追った。

父の庇護を失い、たった一人残された紅姫。彼女のその後を明確にする記録はない。一説によれば、父道真公から託された密書を携え、四国へと流された長兄高視卿の許へと出立したとされる。しかし、藤原氏に嫌疑の目を向けられ、追っ手から逃れるために若杉山の麓で隠遁することを余儀なくされた。探索の手は熾烈を極め、いつしか見つけ出された紅姫は、篠栗の地で刺客の凶刃に倒れたという。

 

紅姫の小社は奥の浄妙院小社の隣にあります

 

 

 

 

外国人の参拝客に溢れお祭り騒ぎの明るい雰囲気の太宰府天満宮から一足離れたひっそりとしたこの榎社に佇んでみますと、無実の罪を着せられ悲嘆にくれた道真公の悲しみが胸に迫まります。

ここで過ごした2年間は大宰府政庁への出勤も禁じられ給料も無給で生活もままならなかったことだと思います。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。