こんにちは! 太宰魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「がん社会を診る」を読んでがんに対する認識が一変しましたのでみなさんにも知っていただきたく以下に簡単にまとめてみました。

 

「がん社会を診る」

東京大学病院准教授 中川恵一

「まさか自分が」と言いますが、私たちは自分ががんになるといった意識は持たないようにプログラムされているのかもしれません。ぼうこうがんを罹患した自分の経験を踏まえて、最低知っておくべき点を7ケ条にまとめてみました。

①症状を出しにくい病気

がんは少々進行しても症状を出しません。ましてや早期がんではまず症状は出ないと言えます。

②リスクを減らせる病気

男性の場合がんの原因の半分以上が生活習慣で、遺伝は5%程度にすぎません。

がんのリスクは大幅にコントロールできるのです。

③運の要素もある病気

ヘビースモーカーで大酒のみでもがんにならない「運のよい人」もいます。逆に完ぺきな生活習慣でもがんになる人もいます。検診もすべてのがんを見つけることは不可能です。がんには運の要素もあることは確かです。

④早期なら95%が治る病気

がん全体の5年生存率は65%程度ですが、早期がんに限るとほとんどが治癒します。治療に要する時間やお金など、コストも進行がんよりはるかに少なくてすみます。

⑤生活習慣+早期発見が大事

禁煙や節酒でがんのリスクを下げることは大切ですが、運悪くがんになった場合にも備えておく必要があります。それが早期発見。生活習慣の改善と早期発見の2段構えがなんといっても大切です。

⑥早期発見のカギは検診

早期がんは症状を出すことはまれですから、絶好調であっても定期的に「がん検診」を受けることが必要です。

まずは、5大がん(胃、大腸、肺、乳、子宮頸がん)の検診をきちんと受けてください。

⑦治療法も選べる病気

手術以外にも放射線治療という選択肢もあります。薬物療法も進歩しており、がん治療は選べる時代です。

がんにならないと思う「本能」に逆らうのは難しいとしても、最低限この7ケ条だけは知っていただきたいと思います。

 

わたしも家内を血液のがんで亡くした経験で今までは手術、放射線治療、薬物療法、骨髄移植等をしても治る見込みはないと思っていました。

しかしこの本を読んで生活習慣の改善と早期発見(がん検診)でコントロールでき、もし罹患しても手術、放射線治療、薬物療法等で治癒できることがわかり思い直すことにしました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。