こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

昨日2019.6.11太宰府魅力発見塾カメラ部のKazuさんからの便りです。

 

以下Kazuさんからのメールです。

「視点をリフレ中心に📸して見ました」

・・・パッと見たら輪っかで真ん中を結んでいるのかなと思い太宰府天満宮とは思わず、撮影場所とリフレ中心という意味をお尋ねしました。

「太宰府天満宮の菖蒲池です、花そのものを📸するのでなく花とリフレクッションをセットで📸しようと今回考えてました」

「菖蒲がライトアップされて、水辺で水の動きが無い所しかこの撮影は出来ませんので…太宰府天満宮にわりと近い所に住んでることに感謝です」

「九州の近場でこの撮影が出来るのは太宰府天満宮、いい所にすんでいる環境に感謝です」

「鯉が時々水面を波立たせるので収まるまで我慢です、菖蒲と流れがある川ではこの撮影は出来ないんです」。

 

 

 

 

 

 

Kazuさんに撮影法を習いましたので早速わたしも昨日2019.6.11撮りに行きました。

 

 

 

 

 

 

わたしにもどうにか撮れました。

確かに鯉が跳ねたときには波が静まるまでは待ちます。

Kazuさんから新しい撮影方法を学び同じ被写体でも撮り方によりこうも変わるものかと大変勉強になりまた太宰府天満宮近くに住んでいることにも感謝した次第でした。

Kazuさんありがとうございました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。