こんにちは!太宰魅力発見塾塾長の福田です。

福岡市で開かれた「G20財務大臣・中央銀行総裁会議」は9日夕、2日間の討議を終えて閉幕しました。

昨日2019.6.10友だちと会うために太宰府天満宮に行きましたら、今年4.1に第四十代太宰府天満宮の宮司に就任された西高辻信宏宮司が10名くらいの人たちに麒麟の像の説明をしておられました。

周りを見ると5~6名の黒いスーツを着た人たちが取り囲んで物々しい雰囲気なので、その1人に聞いてみましたら中国の中央銀行総裁易綱氏でしょうとのことでなるほどと納得した次第でした。

 

宮司の左の背の高い人が易綱総裁です。

 

 

ガードマンが取り囲んでいます。

 

境内で待機している送迎車、パトカー。

 

 

太宰府天満宮宝物殿は今日月曜は休館ですけどそこに入っていく様子。

 

 

表で待機しているボディーガード

出てきてこれから境内で食事の予定。

 

会議への参加者は会議終了後にそれぞれ希望の観光や食事をするのも楽しみの一つのようです。

太宰府天満宮に中国からの参拝者が多いから易綱総裁も興味を持って来られたと思います。

G20財務大臣・中央銀行総裁会議を通じて福岡の魅力特に食のおいしさ、また「博多をどり」を通じて伝統文化など伝えられ福岡のPRが世界に向け大いにできたことと思います。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。