こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

美ら海仲間のMiyaさんからネモフィラという珍しい花の写真が送ってきました。のでご覧ください。

以下Miyaさんのメールでです。

茨城ひたち海浜公園みはらしの丘は360度、見渡す限りのブルーの世界は地上の景色とは思えないまるで空中を散歩をしているかのようでした。
ネモフィラの青、空の青、そして海の青に囲まれる日本最大級のパノラマは、毎年多くの人の目と心を癒し楽しませてくれるそうです。

花の開花時期は4月~5月。花の直径は2cmくらい、色は白に空色または青紫色の深い縁どりがあり、中心部には黒い点が5つあります。縁どりのない白い花もあります。

ソース画像を表示

ネモフィラは耐寒性の一年草で、草丈は10~20cm、茎は這うように横に広がります。
葉には深い切れ込みが入り、茎と葉には柔毛があります 。

ネモフィラを見る為にこの芋虫見たいに軍団が次々にゾロゾロと押し寄せては登って行く、花よりも人の動きにビックリ 、この丘を越えて、ゾロゾロと登り、ゾロゾロと降りて来る、見てると人列がだんだん大きくなって行く、人口減少の文字はここには不要です🤔Max

Miyaさんすばらしい説明付きの写真ありがとうございました。

見るのも聞くのも初めての珍しい花です。

360度、海や公園を見渡せる茨城ひたち海浜公園のみはらしの丘ということで一度是非訪れたくなりました。

珍しい花と景観の写真ありがとうございました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。