こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日太宰府天満宮本殿回廊東側にある時打堂に行ってきました。

時打堂

初代別当平忠が天歴元年(947年)に東法華堂を建立。中に時太鼓を据え、社家「時打」が12の時を知らせる太鼓を打っていた。明治以降「鼓楼」、現在は「時打堂」といい、夏は7時、冬は8時に太鼓が鳴らされている。(さいふまいりより)

 

 

 

 

今も現役のようですね。一度聞きに行ってみようと思います。

ただ壁にトイレの案内はいただけませんね。前に看板を立てるとか一工夫が必要だと思いました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。