こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は大宰府魅力発見塾カメラ部のStorchさんから野鳥とねこちゃんの写真が送って来ました。シャッターチャンスがお見事ですね。みなさんもご覧ください。

以下 Storchさんのメールです。

春うらら~の気候となりました。3月上旬ですが、近くの多々良川河口で野鳥観察をしました。絶滅危惧種に指定されている「クロツラヘラサギ」が15羽確認撮影することが出来ました。

多々良川河口は和白・今津干潟とともに数少ない越冬地となっており、独特のクチバシとエサの採り方で野鳥ファンにも人気の鳥です。
3月17日は、比較的暖かでしたが、浅瀬に一団が身を寄せ合って、寒風に羽をなびかせていました。サクラの開花とともに、朝鮮半島や中国に帰っていくことでしょう。サギと名が付いていますが、トキの仲間だそうです。

多々良川のクロツラヘラサギ

(1)多々良川河口に羽を休めるクロツラヘラサギ14羽

(2)特徴的な長く幅広いクチバシ、若鳥は茶褐色、成鳥は黒褐色。

カップルでしょうか? クチバシをお互いすり寄せたりして仲良くしていました。雌雄の区別はよく分かりません。

(3)そこへ、偵察係でしょうか? 1羽が飛来して15羽となり・・・

(4)やがて、新しい餌場を見つけたのか? 一斉に飛び立っていきました。

藍島のねこちゃん

小倉沖、藍島 へネコ見物へ
 昨日3.30、同僚のネコ好きさんたちと小倉沖、藍島へ行ってきました。


(1)藍島は、釣りやネコの島として有名で、この日は平日でしたが、1日往復3便の「こくら丸」も50名ほどの乗客で賑わいました。途中「馬島」(ここもかなりの猫がいるとか)を経由して約35分で、藍島に着きました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は e6182e5731ea6ac8d4a6b6d8e9b00c63-1024x681.jpg です

(2)港に着くと、早速「第一 島ネコ」がご挨拶に。 

DHR連写のため、脚が動いている様に写っています(^^;)その後、次々とかわいい島ネコちゃんたちが現れ歓迎してくれました。どのネコも、人慣れしていて、なでさせてくれて、ネコ好きにはたまらない喜びを感じました。ネコのぬいぐるみとネコを対面させている子もいました。

(3)女子高生は、スマホで撮影です。

(4)島ネコはとても自由でした。寝転び、のびのび、大あくびなどなど   いろんなポーズで、我々を楽しませてくれます。

  

(5)たまたま3月の最終平日でしたので、島の小学校の先生が転勤と言うことで、子ども・保護者・島民の方々と涙のお別れ風景にも遭遇し、小生も僻地勤務の昔を想い出してしまいました。(画像は、ボカシ加工をしております。)

Storchさん写真ありがとうござました。

被写体が花や飛行機、星、動物、バルーン、電車などと幅広くいづれも本格的ですね。

星の撮影には坊がつるに一人でテント持って泊りがけで行かれたり、北アルプスにも出かけられたり写真集も出しておられプロ顔負けですね!

今回もそれぞれのシャッターチャンスお見事ですね!

ありがとうございました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。