こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今日2019.3.21天気がよく春の香りに誘われて大宰府天満宮から御笠川に沿って観世音寺、戒壇院から大宰府政庁跡まで車の多い表通りでなく喧噪の少ない裏通りを散策してきました。

天満宮近くの御笠川上流、まだ自然が残ってます。も少し上流でうぐいすの初鳴きを聞きました。

旭地蔵尊

野菜が元気よく育っています

ハクチョウゲとレンギョウでしょうか、今を盛りと咲いています

ハクチョウゲ

観世音寺宝蔵

秋には一面にコスモスが咲きます

ここからの戒壇院が一番のお勧めです

道中の庭に咲いていたつつじ。もうそんな時期ですね。

梅も満開!

観世音寺と大宰府政庁跡の間にあった学校院跡

大宰府政庁跡から四王寺山を望む

四王寺山の右端辺りが岩屋城跡です

本殿跡からの眺め

今日の大宰府政庁跡の桜。もうチョイですね!

蔵司跡

帰りの御笠川沿いの菜の花

以前はこの辺でカワセミが魚を採っているところを度々見かけていました。

カワセミは水面から1m位の枝から水に飛び込んで魚を採りますけど、今はそういう木がほとんどなくなっているので姿を見かけなくなりました。

しかし時々撮影に来ておられる方の姿は見ます。 

白鷺や鴨はよく見かけます。いつまでも見かけられる生活環境を保ちたいものですね!わたしたち人が住めなくするのであれば人がしっかり守ってやらないといけないと思います。

今日は自然を中心に写真を撮ってみました。

約1時間の散策でしたけど今日歩いた道中にはまだ自然がたくさん残っていて楽しい一日になりました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。