こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は料理教室「男の食卓」最後の晩餐を紹介します。


「男の食卓」は平成15年に太宰府市主催で期間1年での開講でした。

1年経過後このまま終わるのは寂しいとみなさんと先生に継続をお願いし、その後今年平成31年3月まで通算16年間続けてきましたけど、当初20数名だった教室が写真のように8名になってしまい3月末には更に2名減り6名になるので予算的に継続は難しいとうことになり泣く泣くお別れの最後の教室になりました。

(16年間はどれ位の期間かといいますと小学校6年、中学3年、高校3年、大学4年で通算16年ですからみなさんの腕もさぞかし上達していることと思います???)

最後のご挨拶をされるN先生(左)とアシスタントのYさん(右)

最後の料理の出来栄えです

お寿司、鯛の煮物、海老と春菜の天ぷら、タマゴの大鉢蒸し。

どれもとてもおいしくできました。

左のオッサンはポケットに手を入れやる気なしですね。実はわたしです。

最後の晩餐。満足そうな顔!

これからも継続していきたいのはみんなの願いでしたので会員勧誘の手だてもいろいろやりましたけど残念ながら願い叶わず終了となりました。

ここまで16年間続いてきたのは!!

①N先生は 料理の腕がいいのはもちろん、教え方もとても上手でわかりやすく、男性の教室はこれが初めてとのことでしたけど接し方は天下逸品でした。

② Yさんは名アシスタントとして料理も上手で先生との相性抜群でとても気配りの出来る方でした。

③ お世話役のOさんは労を厭わぬお世話、みんなを笑わせながらの名司会ぶりお見事でした。だから16年も続いたと思います。

このままみなさんと会えなくなるのは偲びないということで今後は年に数回旅行や食事会をしましょうということになりました。

両先生!わたしたち楽しい料理教室を受講でき本当にありがとうございました。

長い間大変お世話になりました。みなさんお疲れ様でした。

また会える日までお元気で!

(photo by Otani)




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。