こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府天満参道にある「味のめんたい福太郎」を紹介します。

創業100年を超える山口油屋福太郎は、本場博多で辛子明太子(めんたいこ)を製造販売しています。

福太郎の明太子はニ度漬けをしています。福太郎独自の調味液を原料のスケトウダラの卵に浸して、熟成させることをニ度繰り返すことで、調味液がより浸透し、ふっくらと仕上がります。

この行列右はめんたいおにぎり、左はめんべい

めんたいおにぎり

上から

めんたい焼きおにぎり(しそ+高菜)230円、めんたい焼きおにぎり200円、めんたい焼きおにぎり(しそ+明太)230円

めんべい(辛子めんたい風味せんべい)

プレーン、マヨネーズ味、玉ねぎ、辛口、ねぎ、かつお味があります。

パリッと軽い食感で食べられるおせんべいなのに深い味わい。340円

福太郎の代名詞ともなった明太子のおせんべい「めんべい」。博多土産の新定番として福岡を始め各地で販売されています。パリパリっと何枚でも食べられる食感と、程よい辛味と魚介の旨味が特徴です。ビールのつまみにもピッタリです。

店内陳列

こちらも新製品のめんべいめんたいおのぎりを開発し、ご覧のお客さんです。

めんべいがお土産用でめんたいおにぎりが店頭での需要ですね。

参道にはこの福太郎とやまや、ふくやとどこも昔ながらの明太子に時代に遅れないように新しい新製品を開発してますね!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。