こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日「立山黒部アルペンルートと黒部峡谷トロッコ列車・上高地・白川郷3日間」に行ってきました。

1回目は上高地です。

上高地と河童橋

所在地:長野県松本市安曇上高地

標高1500mの山岳景勝地

特別名勝、天然記念物

大正池から望む標高2,455mの焼岳などの山々が目の前に広がります。

大正池から河童橋まで散策しました。

 

上高地帝国ホテル

背景は穂高の山々

 

散策道

 

 

梓川

 

ウェストン碑

英国人宣教師ウォルター・ウェストン(1861~1940)

登山家として著書「日本アルプスの登山と探検」のなかで上高地の魅力を世界に称賛しています。

 

白樺林

 

大勢の観光客

 

河童橋

上高地のシンボル河童橋で、バックは奥穂高岳や明神岳の山々

 

 

多くの外国人も訪れています。

 

特別名勝、天然記念物に指定されている上高地、白い雪に覆われた3000m級の穂高連峰をバックに赤い三角屋根の帝国ホテルを眺めながら、梓川沿いに新緑の中を歩いていくと涼し気な白樺や季節の植物、鳥、花々に出会います。まさにここは暑さを忘れた別世界です。

お問い合わせ・ガイドの依頼はコチラから
fukuda0917@yahoo.ne.jp

塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。