こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

 

ラジオの健康ライフを聞いた時のお医者さんのお話です。

みなさんにも参考になると思いましたのでシェアします。

 

病院で検査や治療勧められたとき、

①その検査や治療は必要か
②リスクの程度はどの程度か
③合併症や偶発性は
④それ以外の方法は
⑤受けなかったらどうなるか

を確認すること。

そして

「先生がわたしの立場だったらどうしますか?」

「先生の家族だったらどうされますか?」

を確認してください。とのことでした。

 

「聞きにくい!」と思われるかも知れませんが

医者には答える義務があるとのこと。

遠慮や恥ずかしがることはないとのことです。

セカンドオピニオンは患者の権利。

 

何度も言いますが医師への遠慮は無用です。

かけがえのない大事な自分の体です。

 

加齢とともに病院に行く機会も増えます。

参考にしてください。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。