こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

友だちからクリスマス・イルミネーションの写真が送ってきました。

ご覧ください。

 

●トシさんから

博多駅前のイルミネーション

 

 

 

●熊本県宇土市の商工会議所会長から

①大江天主堂

熊本県天草市天草町大江

建立:フランス人宣教師のガルニエ神父

 

 

②カトリック崎津教会

世界遺産登録

熊本県天草市河浦町崎津

設計:鉄川与助
鉄川与助は今村カトリック教会(福岡県三井郡大刀洗町今707)の設計もしています。
 
 

 

今村カトリック教会

 

日本でのクリスマスの流れ

①クリスマスについては「キリストの誕生日をお祝いするのではなく」「キリストの誕生をお祝いする日」とされています。誕生日は不明なのです。

②クリスマスイブ

ユダヤ暦は、日没が一日の変わり目になります。
そのため、12月24日の日没(イブニング)から25日の日没までが「クリスマス」となります。
現代の暦では24日の夕方に当たりますが、同時にユダヤ暦では25日にあたり、クリスマスの当日ということなのです。

③イブは前日を表す

ちなみに、「イブ(eve)」には前日という意味もあるので24日をクリスマスイブ(前夜祭)としています。

④日本でのクリスマスの始まりは約470年ほど前の1552年からです。現在の山口県にて信者を集めて、ミサが行なわれたことが始まりとされています。

⑤日本でクリスマスの飾り付けが始まったのは1900年(明治33年)に進出した明治屋銀座店が最初といわれています。

日本ではその時期あたりからキリスト教とは全く関係なく、クリスマスを、商人は商機に繋げよう、国民は楽しもうという風潮になっていったと思われます。

 

みなさんステキな写真をありがとうございました。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。