こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

国宝鳥獣戯画と愛らしき日本の美術

 

会場:福岡市美術館

住所:福岡市中央区大濠公園1‐6

期間:9月3日(火)~10月16日(日)

「鳥獣戯画」の展示期間

前期:「甲・丁巻」9月3日~9月25日

後期:「乙・丙巻」9月27日~10月16日

(以下に説明)

TEL:092-714-6051

 

高山寺とは

「鳥獣戯画」を所蔵する高山寺(こうさんじ)は、京都市の北西部の栂尾(とがのお)にあります。

創建は奈良時代と伝わりますが、明恵上人(みょうえしょうにん)によって鎌倉時代の初めに再興されたのが実質的な創建です。

 

作者は

鳥羽僧正(1053〜1140)といわれています。しかし他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前が指摘されていて、いずれも確証はなく作者未詳です。

 

国宝 鳥獣戯画(甲巻)

平安時代

 

国宝 鳥獣戯画(乙巻)

平安時代

 

国宝 鳥獣戯画(丙巻)

平安~鎌倉時代

 

国宝 鳥獣戯画(丁巻)

鎌倉時代

 

狗子図 

長沢蘆雪 江戸時代 

 

猿猴捕月図

雪村周継 室町時代

 

猛虎図

円山応挙 江戸時代 

 

犬図

仙厓義梵 江戸時代 

 

竹に鶏図

曽我蕭白 江戸時代 

 

鶏図

伊藤若冲 江戸時代 

 

 

「鳥獣戯画」の絵巻の魅力は「愛らしさ」にあるそうでそういう観点で楽しくご覧ください。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。