こんにちは! 太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

ヤングチームの仲間から立花城の写真が送ってきましたのでご覧ください。

 

立花山

福岡市東区、粕屋郡新宮町および久山町にまたがる標高367.1mの山です。

 

博多湾が一望できます。

 

立花山城(別名立花城)

築城年代は定かではありませんが建武年間(1334年~1336年)大友貞範によって築かれたと云われています。 大友貞範は豊後国大友氏6代貞宗の子で立花に入部して立花氏を名乗りました。

永禄11年(1568年)立花鑑範は安芸国毛利氏に通じて大友氏に反旗を翻しました。これに対して大友宗麟は戸次鑑連(立花道雪)を将として大軍を送り、三ヶ月に及ぶ攻防の末に落とし、立花鑑範は自刃しました。 その後も大友氏と毛利氏の間で争奪戦が繰り広げられたが元亀元年(1570年)大友氏の支配となり、翌2年に立花道雪が立花山城主となりました。

立花道雪の養子なった立花宗茂は島津氏の大軍に対して立花山城を守り抜き、天正15年(1587年)筑後国柳河に移封となりました。

替わって入部した小早川隆景は名島城を築いて居城としたため、重臣の浦宗勝を城代として置きました。

慶長5年(1600年)関ヶ原合戦の後は黒田長政が豊前国中津から博多へ入り、福岡城を築いたため廃城となりました。

 

立花山の歴史

 

立花城古井戸

 

立花道雪の墓

 

梅岳寺

福岡県糟屋郡新宮町立花にある曹洞宗の寺院です。等級は三等法地。山号は立花山。

元中2年(1385年)に創建されたとされます。当初は花谷山神宮寺という名称でした。天正3年(1575年)3月23日に戸次鑑連(後の立花道雪)の継母である養孝院が当寺に埋葬されて以降、立花山養孝院と改称されました。このときに開基を立花道雪、開山を緒庵禅師としました。また、立花道雪自身も当寺に埋葬されました。

立花宗茂が柳河藩に転封されると、立花山養孝院も共に柳河に移転し、寛文年間に立花忠茂によって黄檗宗に改宗の上、福厳寺と改称しました。

 

 

 

 

 

当時博多は豊後大友の領地で立花城城主立花道雪と大宰府の岩屋城城主の高橋紹運はともに大友の武将で無二の親友でした。

立花道雪は娘誾千代に高橋紹運の長男高橋宗茂を婿養子として迎えます。立花道雪の養子なった立花宗茂は豊臣の天下統一時、島津氏の大軍に対して立花山城を守り抜き、天正15年(1587年)筑後柳河に移封となり柳河藩初代藩主となりました。

 

太宰府との関係がとても強く早く訪れたいお城です。

写真ありがとうございます。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。