こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は「如水社」を案内します。

 

太宰府天満宮と黒田官兵衛は実は深いつながりがありました。

関ヶ原の戦いの功績で、52万石に封ぜられた黒田官兵衛・長政親子は旧珂郡福崎で築城を開始。

黒田氏ゆかりの地・備前邑久郡福岡にちなんで、新しい城に福岡城、城下町に福岡と名付けます。

 

 

官兵衛は、戦火に焼かれて荒廃していた「大宰府天満宮」を寄進・再建しています。

現在の社殿は天正19年(1591)筑前城主・小早川隆景が再建したものですが、

官兵衛は楼門、廻廊、末社や橋なども整備しました。

 

さらに社領二千石を寄進した官兵衛を、天満宮は「中興の祖」とあがめました。

そのため毎年正月、5月、9月の月忌二十日には官兵衛が好きだった連歌会を催し、

それは明治に至るまで続いたそうです。

 

なお官兵衛自身も天満宮を深く崇敬し、2年間草庵「如水社」を構えていました。

その時に使用したといわれる井戸が、今も残っています

 

如水社

黒田如水が福岡城に入るまでの2年間、太宰府天満宮境内で過ごした場所「如水社」

太宰府天満宮の敷地内にあります。

 

その時に使っていた井戸です。

NHK大河ドラマの題材にもなった「黒田官兵衛」

その人が、この太宰府の同じ地で暮らしていたと想像すると

なんとも面白いですね!

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。