こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

太宰府魅力発見塾カメラ部のkanさんより秋のお便りをいただきました。

見事でしたので、ご紹介します!

 

先日、台風一過が過ぎた後、久留米 北野町へコスモスを見に行きましたら、偶然、菅原道真公ゆかりの北野天満宮 を発見しました。
 
久留米観光サイトより
天喜2年(1054年)に創建されました。時の関白藤原道隆の孫、貞仙僧正が、京都の北野天満宮より菅原道真公の分霊をこの地に祀ったことが始まりです。
祭神、菅原道真公ゆかりの花といえば「梅」。御神橋を渡り、朱色に潤色された華麗な桜門をくぐると、玉垣の内に「神梅」が枝を伸ばしている。これは、太宰府の「飛び梅」になぞられたもの。境内には県の天然記念物に指定されている樹齢900年の大樟があります。
祭神、菅原道真公とカッパについての伝説もあり、その伝説を証明するかのように、現在でも「カッパの手」が天満宮の宝物として大事に保管されています。
毎年、10月の第3日曜日には県の無形文化財に指定されている、秋祭り「おくんち」が行われます。
 
ご存じでした?
道真様のお導きだったのでしょうか。
 
また、糸島の雷山千如寺大悲王院へも行きました。
紅葉はまだまだでしたが、本尊十一面千手千眼観音など堂内拝観、有り難いお経と、説法が聞けて大変良かったです。
 
かまど神社の紅葉具合も見に行きました。
こちらも、まだまだですね。
でも、青からオレンジに変わる途中の境内も秋の気配を漂わせ、いい感じでした。
かまど神社は、21日に、秋のえんむすび大祭 がありますので、また違った境内の雰囲気かもしれませんね。
 
雨を境に気温 も下がり、段々と紅葉も色づきますね。
拙い写真と共に、秋色具合をお知らせしました。

 

北野町と北野天満宮



・北野町コスモス街道その1



・北野町コスモス街頭その2



・北野天満宮4カット



・北野天満宮桜門



・北野天満宮鷽と御朱印



・北野天満宮ご本堂

雷山千如寺





・雷山千如寺風景枠撮り



・雷山千如寺風景と護摩炊き枠撮り

 



・雷山千如寺境内3カット



・雷山千如寺境内3カット



・雷山千如寺屏風



竈門神社



・かまど神社本殿と紅葉その1



・かまど神社本殿と紅葉その2



・かまど神社心地池リフレクション



・かまど神社紅葉(オレンジ)



・かまど神社鳥居



・かまど神社紅葉(赤)

 

 

kanさんは千如寺の慈愛に満ちたこの写真が一番好きだそうです。

 

アサギマダラ 

 大宰府のとある所での撮影。

 

海を渡ってはるばる日本に来てこれから南の島に帰る途中大宰府で一休みしてるところとのことでした。。

花はフジバカマです。貴重な写真ですね!

 

最近また一人、太宰府魅力発見塾カメラ部に入部したいという方がいました。

今後もカメラ部はますます盛り上がっていきます!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。