先日の日経夕刊、荻原浩(作家)

「最近見苦しいオッサンがやたらに多い。

ボクシング連盟の自分だけ肘掛け椅子にふんぞり返っていたオッサン。

子供が駄々をこねているようにしか見えない。

このオッサンにあれこれ言われている村田選手の発言や姿勢のほうがはるかに大人だ。

日大アメフト部の監督やコ−チの釈明は選手に責任をおっかぶせようというずるさが透けて見え、当該選手の会見のほうはまだ20才なのに潔よく真摯で責任転嫁するわけでもなく清々しさすら感じたものだ。

セクハラ疑惑の時などもつねに告発する女性のほうが毅然としていて告発されたオッサンたちの対応や釈明は恥ずかしいぐらい見苦しい。

モリカケ問題の官僚や政治家のオッサンたちの答弁もかなり恥ずかしかった。

人間は年とともに成長するなんて言葉は信じないほうがいいのかもしれない。

逆に年を経ると良からぬ不純物みたいなものが溜まってしまうことに気をつけたほうがいいんじゃないだろうか。

エンジンオイルと一緒だ。経年劣化には十分な注意と定期点検が必要!」

私も自分を顧みるに身につまされ深く深く反省頻りです。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。