こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

何人かの方から写真が送って来てすばらしいと思っていた福岡県うきは市の浮羽稲荷神社に行ってきました。

浮羽稲荷神社

浮羽稲荷神社は昭和32年(1957年)に地元住民の安全と繁栄を願って、有志の方々の呼びかけで創建され約63年の歴史があります。

耳納連山の麓から中腹にかけて、約200段の階段に90本の鳥居が連なり、広大な筑後平野が広がっています!

鳥居の赤と、山の緑と、空の青が色鮮やかでした!

所在地:福岡県うきは市浮羽町流川1514-1

 

 

鳥居を少し斜めから眺めると、道路から鳥居まで一本道で繋がっているように見えます。

 

 

開運の神

御祭神

①伏見稲荷大社・・・商売繁盛、五穀豊穣、交通安全

②京都松尾大社・・・酒造、健康と寿命長寿

③大宰府天満宮・・・学問と成人

 

 

階段を登って来るとここから本殿

 

 

 

 

 

 

本殿

 

浮羽稲荷

 

約20分をかけ200段の階段を登ると見上げる青空、遠くに見える緑の山々、眼下に広がる筑後平野、見下ろすと下まで続く赤い鳥居、圧巻の景色でした!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。