こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

先日2020.3.9完成間近の客館跡に行ってきました。

 

現地案内板

所在地:太宰府市朱雀三 丁目にある西鉄二日市駅操車場跡地

配置図

               ◀二日市 都府楼前▶

 

発掘調査中の様子

遺跡調査では、巨大な建物跡や、唐・新羅・日本を代表する高級食器が出土しています。

文化交流の場でもあったわけです。

大型掘立柱建物跡

 

特別史跡 大宰府跡 客館跡

大宰府に来た外国使節が滞在する客館だったと推定されています。
これまでの特別史跡大宰府跡の指定地は、大宰府政庁跡・蔵司地区・月山地区など大宰府政庁跡周辺のみでしたが、ここ客館跡も古代大宰府にとって極めて重要な遺跡ということで、追加指定されました。

特別史跡:貝塚や古墳、城跡などの遺跡で歴史上、学術上の価値が高いもののうち、重要なものについて国は「史跡」に指定して保護を図っている。そのうち特に重要なものは「特別史跡」に指定される。国宝と同格。

 

外国使節は先ず大宰府から15kmほど離れた博多湾岸にあった鴻臚館に宿泊し、水城の西門ルートを通って今の二日市湯町まで来て、そこから朱雀大路を通り、ここ客館で宿泊し大宰府政庁へ来ました。

 

工事期間

令和2年3月13日まで

今日2020.3.10現在オープンは今日現在4/中旬~下旬を予定だそうです。

日程が決まっていないのはコロナの関係で地元住民と調整中のようです。

 

遠くに新築中の「展望所」が見えます。

 

「展望所」

正式名称:「展望所」(人は常駐せずトイレと屋上からの展望ができます)

 

 

発掘調査が終わり客館跡が間もなく完成し、往時の建物跡や出土品などが見られるのが今から楽しみです。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。