こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府市水城在住の内田さんの作品を紹介します。

スマホでは写真が小さいのでスマホを横にして拡大して見ると鱗(うろこ)や尾びれ、背びれ、鰓(えら)など細部の精巧さに以下のように「本物の魚ですかあ?」というのがわかると思います。

 

「本物の魚ですかあ?」テレビ取材で訪れたタレントのスザンヌが精巧な粘土細工を見て思わず声を上げたそうです。

取材に訪れたスザンヌ、陣内孝則と自宅前で。

スザンヌ(熊本県北区植木出身)166cm

陣内孝則(俳優、福岡県大川市出身)

 

刻まれた一本一本の細かなうろこの線や色合いが驚くほどリアルだったからです。

今までに作ってないのは鯨くらいだそうです。

九州国立博物館特別展「台北故宮博物館展」で展示された「白菜」と「肉形石」を、本物そっくりに紙粘土で作ったらあまりの出来栄えに、九博1階で展示されたほどだそうです。

粘土作品は知人の新築祝いやなじみの居酒屋に贈って喜ばれています。(新聞記事参考)

 

居酒屋へプレゼント

 

鬼笠子(オニカサゴ)

食べれば美味しと言われる高級魚
額寸35×21cm

 

蓑カサゴ

 

真鯛

 

新元号「令和」が大宰府にゆかりがあることから、「めでたい」との気持ちをこめました。

 

鯛の塩焼

 

 

真鯛

 

鱸(すずき)

 

絵付け前

 

鱸(すずき)

 

作り方
・材質:石の粉をたくさん含んだ紙粘土(メーカープチフォルモ)
・作成時間:2時間(自然乾燥:最大2日)
・作り方:図鑑を視ながら対馬の経験を生かし色、形、指先で大きさを表現してます

 紙粘土は2~3時間で乾いてしまうので、魚の形は短時間で作ります。

 ウロコやヒレは、千枚通しで線を彫ります。
 乾燥したら水彩絵の具で色を塗り、その後、水性ニスで保護と艶を出します
 その後、工作用の銀粉を軽く拭います。三日あれば完成です。
・作品行き先:行きつけの居酒屋や新築祝いなどで差し上げる
・作品数:S62年〜現在まで約1000点作成
・種類:魚種は80種以上、貝類、故宮博物院模造、カワセミ、人魚など

・マスコミ取材4回
(参考)九州国立博物館にも展示あり・個展2回・マスコミ取材4回

 

鶏魚(いさき)

 

サクラマス

 

シーラカンス

 

 

 

カワハギ

 

絵付け前

 

烏賊(いか)

 

ツガニ

 

翡翠(カワセミ)

 

内田さんの趣味は幅広く刀剣コレクターでもあり自慢の刀は脇差「関の孫六」で「美術的な美しさもですが、それにまつわるストーリーが好きで集めています」。

またラグビーは海外遠征も経験し、対馬時代は役所や自衛隊らとチームを結成し、韓国・釜山大学OBチームとの交流試合もしました。

地元ボランティアにも積極的に参加し、学童の交通整理や各種イベントのお手伝いもしています。

とても謙虚でお世話が行き届き大変すばらしい方です。

「太宰府にもこういう人間がいても面白いですよね」と笑っておられます。

 

PS

ただ今内田さんからです。

恥ずかしながら今、出来上がりました。
笑っていただければ幸いです。
名付けて「紅姫」か?下半身は虹色のコントラストです。
 
絵付け前
 
 
 
 



塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。