こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府天満宮境内の「野見宿禰碑」を紹介します

野見宿禰は菅原道真公の祖先にあたり、わが国における相撲の祖神とされる。

その前にある力石は、江戸時代若衆が力自慢したもの。

 

太宰府天満宮本殿裏の右手に野見宿禰碑があります。

碑の前の力石は福山、尾道の産で尾道の船乗りが奉納したであろうといわれています。

 

左から

松は57cm×40cm×30cm 120Kg

竹は55cm×35cm×25cm 100Kg

梅は50cm×35cm×20ccm 70kg

です。

 

我こそはと思われる方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。