こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

 

以前、竈門神社のライトアップの写真を送ってくれた塾生のkazuさんが

HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う-「竈門神社ライトアップ」編

今回は太宰府政庁跡で撮影した睡蓮の花」の写真を送ってくれましたので紹介します!

 

kazuさん曰く、睡蓮は朝9時から開花するそうです。

睡る蓮で「睡蓮」というそうですよ!

蓮の花は泥の中にキレイな花を咲かせることから

仏教でも大事にされている花ですね。

 

観音様の台座が「蓮台」とも言われ蓮の花の形をしています。

太宰府政庁跡にこんなに睡蓮の花が咲いている場所があるとは知りませんでした!

 

しかしkazuさん、撮影が上手ですね!

ありがとうございました!

 

おまけにアジサイの花も送ってくれました。

もうアジサイも咲いているんですね!

ホタルも政庁跡右奥の小川で見れるそうですよ!

 

今年は季節が変わるのが早いようです。

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。