こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回はツタンカーメンのエンドウ豆についてお話します。

 

紀元前1500年、今から3000年以上前のツタンカーメン王墓の副葬品の中から見付かった「ツタンカーメンのエンドウ豆」、

世界各国でその子孫は広まっています。

先日友だちがその種子を育てたものを送ってくれました。

 

豆は普通のエンドウ豆と変わりませんがさやは濃いむらさき色。

そして不思議なことに豆ご飯にすると炊きたては薄緑の豆に白ご飯ですが保温のまま時間が経てば豆もご飯も赤飯のように赤くなります。

 

豆は甘くてほくほくしてとても美味しいです。
多分ツタンカーメンも大好きだったんではないでしょうか。

ロマンを感じさせてくれる味わいです。




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。