こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は太宰府天満宮回廊東の石垣を紹介します。

 

この石垣は加藤清正が築いた熊本城の井戸を掘り、機密保持のため最後は殺されたという横手五郎が築いたといわれています。

(参照 さいふまいり)

 

その横手五郎は怪力無双で1800Kgの石を首に掛けて運んだといわれている首掛け石が今も熊本城の境内にあります。

 

 

五郎の首掛石(くびかけいし)

 勇将木山弾正(きやまだんじょう)の遺子と伝えられる横手五郎は、今の熊本市横手町に育ったので、その名がついたと云われる。父弾正は、天正十七年(一五八九年)の天草一揆のとき、志岐麟仙(しきりんせん)に味方して仏木坂(ぶっきざか)で加藤清正(かとうきよまさ)に一騎打ちをいどみ武運つたなく戦死した。そこで五郎は成人ののち清正を仇と狙い、築城人夫に身をやつして、いつかは父の恨みを晴らそうと考えていた。ところがその間に彼の素性は見破られ、井戸掘りをしているとき生埋めにされたという。  この石の重さは、一八〇〇キログラムであるが、築城当時に五郎が首にかけて運んだものと言い伝えられている。

 

この石垣は案内しないとわからないでしょうね。

 




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。