こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

 

今回はパワースポットツアーの中でも特に人気の高い太宰府天満宮境内にある「見つけると願いが叶う11体の御神牛探し」をご紹介します。

 

まずは「御神牛配置図」を配ります。

太宰府天満宮御神牛配置図

 

 

御神牛配置図の順番で

①1985年(昭和60年)

太宰府天満宮参道突き当り、延寿王院の前にあります。

人気No1!いつも写真撮影の行列ができています。

 

 

②1979年(昭和54年)

2.ご神牛,

 

③1963年(昭和38年)

3,ご神牛,

 

④1805年(文化2年)

撫で牛

福岡県指定文化財

 

⑤1958年(昭和33年)

5,ご神牛,

 

⑥1876年(明治9年)

6,ご神牛,

 

⑦1876年(明治9年)

7,ご神牛,

 

⑧1888年(明治21年)

8,ご神牛,

 

⑨無銘

 

⑩無銘

天満宮本殿裏側

御神牛の中で最小。

 

 

⑪1802年(享和2年)

御神牛の中で最古。

 

無事、発見できることを願っています!

この御神牛探しは大人はもちろん特に女性やこどもさん、外国人にも大変人気があります!

 

太宰府のパワースポット巡りスタート!

本日集まってくれた塾生たちとパワースポット巡りをします。

塾長宅に集合して出発前に記念撮影!

 

御神牛を発見して思わず笑顔!

 
参道の店内で何を探してるんでしょうか。

 

後日、塾生のベイリー・オナガさん(アメリカ人)がパワースポット巡りの様子を描いてくれました!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。