こんにちは!太宰府魅力発見塾塾長の福田です。

今回は第一回だざいふ景観大賞を受賞している「甘木屋」を案内します。

 

明治時代に建てられた3階建ての建物です。

当時の太宰府天満宮参道の旅館はほとんど3階建てですね。

 

 

 

往時を偲ばせる室内風景です。

梅が枝餅がいただけます。

 

壁に掛けてある博多にわかです。

 

明治21旅館兼置屋(芸妓、舞妓斡旋)として建築、

名前の由来は先代が福岡藩の甘木担当の森林奉行だったことからきているそうです。

 

第一回だざいふ景観大賞受賞しています。
因みに第二回はお石トンネル、第三回は観世音寺。

 

お石トンネル、観世音寺をおさえての第一回の大賞受賞はスゴイですね!




塾長より

いつも記事をお読みいただきありがとうございます。
もしよろしければ記事の一番下にある「コメントを残す」より
コメントを書いていただけますと、記事を書く励みになります。
お名前はニックネームでも大丈夫です。

これからも太宰府の魅力をお伝えしていきますので
応援よろしくお願いします。